備忘録一覧

Chrome Extension で Gmail フィードをチェック

Chrome Extensions API で遊んでいるときに次の様な現象を確認した。

「ブラウザにてアカウントAでGmail にログインした状態のまま、アカウントBのGmailフィードをXMLHttpRequestで取得すると、アカウントAのエントリーが返ってくる。」

何故?セッションとかクッキーの問題??

とりあえずググるとフィードを取得するURLが2種類ある事に気が付く。

  • https://mail.google.com/mail/feed/atom
  • https://mail.google.com/gmail/feed/atom

更に、XMLHttpRequestでリスエストのメソッド(“GET” or “POST”)の違いでも挙動が変わる模様。

検証の結果

フィードのURL リスエストのメソッド 結果
https://mail.google.com/mail/feed/atom GET ×
https://mail.google.com/mail/feed/atom POST ×
https://mail.google.com/gmail/feed/atom GET ×
https://mail.google.com/gmail/feed/atom POST

ようするに、gが付いてる方のURLに、(sendが空でも)”POST”でリスエストすれば良いみたい。
仕様をきちんと理解していれば当然なのか、「穴」的な処理なのかはわかりませんが、急に仕様が変わるコトもありえるGoogleさんなので今現在は可能というコトで理解しておこう。

以下、ソース。

function getGmailFeed(mail, pass, callback) {
	var url = "https://mail.google.com/gmail/feed/atom";
	var xhr = new XMLHttpRequest();
	xhr.open("POST", url, true, mail, pass);
	xhr.onreadystatechange = function() {
		if (xhr.readyState == 4) {
			if (xhr.status == 200) {
				if (callback) {
					callback(xhr.responseXML);
				}
			}
		}
	}
	xhr.send();
}

BASIC認証をHTTPヘッダで処理するもよし。

	xhr.open("POST", url, true);
	xhr.setRequestHeader("Authorization", "Basic " + window.btoa(mail + ":" + pass));

Content-Typeを指定するもよし。

	xhr.setRequestHeader("Content-type", "application/atom+xml");

以上、備忘録でした。


さくらのライトプランとマルチドメインとPHPと

久々のさくらインターネットのネタ。


だいぶ前になりますが、ライトプランでもマルチドメインがリダイレクトからエイリアスになりました。

要するに、

ドメイン名 パス
hoge.com /hoge
fuga.com /fuga

てな感じで、ドメイン毎にパスを分けて複数のHPを公開できるわけです。


で、、、


このブログはライトプランに自前でPHPをインストールして運営しておりまして、
上図でいえば /hoge/cgi-bin/ に php5.cgi がある状態。
続きを読む


スポンサーリンク