MP4結合時の音ズレを防止 「JoinMP4Files 1.2.1.0」

MP4ファイル結合時の音ズレを防止する為のMP4BOXフロントエンドです。

ダウンロードはこちらから。

1.2.1.0 変更点

・パスが通ったディレクトリにmp4box.exeやmp4chaps.exeがあれば使用できるように変更。
・GPAC1.1以降(?)のmp4box.exeでdurationが取得できない不具合を修正。



MP4結合時の音ズレを防止 「JoinMP4Files 1.1.4.0」

MP4ファイル結合時の音ズレを防止する為のMP4BOXフロントエンドです。

ダウンロードはこちらから。

1.1.4.0 変更点

・「出力先を自動で作成」オプションを追加。
・出力先に結合元リスト先頭ファイル名の一部をパラメータで指定できるように変更。
・ファイル名に日本語を含む場合にチャプター追加がエラーになる不具合を修正。


MSYS2でHandBrakeをビルドしてみる

最近ようやくWindows10への移行が完了。

今までは仮想化PCのUbuntu上でビルドしていたHandBrakeだが、

環境整えるのがメンドクセェ・・・・

という私の為にMSYS2でビルドしてみた。
(HandBrake 1.3.3でも動作を確認しました。)
(HandBrake 1.4.0では動作を確認できませんでした。)

MSYS2の準備

MSYS2はFFmpegをビルドした時と同じ要領で準備する。
(実際にFFmpegとHandBrakeを同じ環境でビルドしたが問題なし)

今回は mingw32.exe / mingw64.exe ではなく msys.exe で起動させる。
続きを読む


FFmpegのQSV(H264)を拡張してみる

最近は MSYS2 + MINGW で FFmpeg をビルドしているので改めて記事にしてみる。
(FFmpeg5.0で動作を確認しました。)

MSYS2の準備

MSYSとの違いはネット上に情報が溢れているので割愛。

個人的には pacman でパッケージ管理ができて楽な反面、己の知識不足が原因で依存関係にハマることも多い。という印象。

MSYS2のダウンロード

まずはWindows側での作業。下のサイトからダウンロードしてくる。

MSYS2 – Browse /Base at SourceForge.net

32ビットOSならi686。64ビットOSならどちらでも可。

今回は64ビット版をポータブル環境で使いたいので
・msys2-base-x86_64-xxxxxxxx.tar.xz
を採用。

32ビット版なら
・msys2-base-i686-xxxxxxxx.tar.xz
を使い、以降の「msys64」の部分を「msys32」に置き換える。
続きを読む


スポンサーリンク