ぬっき~一覧

FDK-AACが使えるHandBrakeをビルドしてみる(Windows版)

最近はお手軽に動画変換したいときにHandBrakeを使うことが多い。
特にこだわりはないのでStable版を使用中だが、FDK-AACが使えなくなっていたので自前でビルドしてみた備忘録。

仮想環境の準備

ビルドは仮想環境で行うのでVirtualBoxを使用。

Oracle VM VirtualBox

使用した時点のバージョンは5.1.14。

インストール方法は割愛させていただき、早速新規で仮想マシンを作成。

ゲストOSはUbuntuの64bit版を使うのでそれに合わせて設定。名前に「Ubuntu」と入力すると自動でそれっぽい設定がされるので基本そのまま使う。
続きを読む


MP4結合時の音ズレを防止 「JoinMP4Files 1.1.3.0」

MP4ファイル結合時の音ズレを防止する為のMP4BOXフロントエンドです。

ダウンロードはこちらから。

1.1.3.0 変更点

・ファイル一覧に右クリックメニューを追加。
・ファイルの並べ替え機能を追加。
・拡張子MP4(M4V)以外のファイルを削除する機能を追加。
・最新の情報に更新を追加。(存在しないファイルを削除)
・D&Dをフォーム全体で受け取るように変更。
・D&D時にディレクトリ内のファイルを取得するように変更。



FFmpeg3.0のQSV(H264)を拡張してみる

FFmpeg3.0からQSVまわりが少し変更になったようなので別記事に。
(FFmpeg3.1~FFmpeg3.4でも動作を確認しました。)

使いまわし多数ですがw

今回からソースはGitで取得した前提。
ZIPファイル等でダウンロードする場合はディレクトリ名が異なるので置き換えてください。

Windows版のビルド(拡張なし)

以前と同じくmfx_dispatchがあれば良いようです。

必要なツールの準備 (MSYS + MinGW + GCC)

今回もXhmikosR’s氏のを使わせていただきました。
(MSYS_MinGW-w64_GCC_530_x86-x64_Full.7z 2016-01-09版)

msys – XhmikosR’s Builds

展開して「MSYS」内の「msys.bat」を実行。以降CLIでの操作。
(「home」以下にユーザー名のディレクトリが作成されるので、ファイルはWindows側でそこに展開)
続きを読む


FFmpeg2.8のQSV(H264)を拡張してみる

(FFmpeg3.0に対応した記事はこちら

少し前のgit版から正常に動作するようになっていたQSVのH264エンコードがStable版2.8でも動作するようになり、以前の記事のような処理は不要になりました。

Windows版のビルド(拡張なし)

Windowsでのビルド仕方は前回とほぼ同じで、mfx_dispatchさえあれば良いようです。
前回の使用した拙作のパッチも必要ありません。

必要なツールの準備 (MSYS + MinGW + GCC)

今回も XhmikosR’s さんのところのをそのまま使わせていただきました。
(使用したバージョンは MSYS_MinGW-w64_GCC_520_x86-x64_Full.7z 2015-09-10版)

msys – XhmikosR’s Builds

「MSYS」をCドライブのルートに展開して、「msys.bat」を実行。以降CLIでの操作。
(「home」以下にユーザー名のディレクトリが作成されるので、ファイルはWindows側でそこに展開)
続きを読む


スポンサーリンク